シンボルツリーにおススメ果樹3選_ランキング:美味しい・おしゃれ・手入れが楽3拍子揃った理想果樹とは?

「我が家」を象徴するシンボルツリー選び。どんな条件を優先して選ぶべきか、とても迷いますよね?

葉はかわいい!?…手入れは楽?

三常スタッフの必須条件はですね…

実がなる!お手入れ楽ちん!!これに限るべ~。

これを第一条件におススメしたいです!!

せっかく木を植えるんですよ?絶対実がなった方がいいじゃないですか♪

スペースや落ち葉などの住宅事情?

それは、品種やサイズである程度調整可能です♪

でもオラ面倒くさいのは嫌だかんね!

確かに忙しい我らは、できれば手間いらずがいい

…そして、ガーデニングアドバイザーとしては、やはり「見た目」も欠かせない!!

やっぱシンボルツリーはイカしたヤツがいいに決まってぺよ!

ここでは、剪定を含め楽~に、食べて楽しみ、見て楽しめるような万能果樹を、皆さんにご紹介したいと思います。

もくじ

  1. シンボルツリーに果樹をお勧めする理由
  2. シンボルツリーは常緑樹?or 落葉樹?
  3. 【1位】楽・強健・おしゃれ・花も実も食せるフェイジョア(常緑樹)
  4. 【2位】現代のシンボルツリー鉄板・オリーブ(常緑樹)
  5. 【3位】絶対食べられて、美味しい無花果(落葉樹)
  6. 【シンボルツリーランク外】惜しい!果樹たち

シンボルツリーに果樹をお勧めする理由

日常に彩りと収穫の新鮮な喜びを与え、そしてまた、学びの機会も増やす。

そんな役割を果たしてくれるシンボルツリー、素敵ですよね?

それが果樹です。

我が家にはシンボルツリーとしてフェイジョア(クーリッチ)オリーブ(チプレッシーノ)、そして、国内ではまだ珍しい「幻の黒いちじく」と呼ばれるビオレソリエスを取り入れています(日当たりを考慮し、いちじくのみ現在鉢植えに移動)。

4年目でオリーブに実がなり、6年目に初めてフェイジョアの実を収穫できました。

日当たりは午前中の4~5時間である東側です。

朝ふと花壇を見たら、卵みたいな実がコロンと落ちてるではありませんか!!

食べたことのない果実に、子供達含め、我が家は大盛り上がり(笑)クンクン匂いをかぐと、トロピカルな香りに目を輝かせていました。

このたった一つのフェイジョアの果実第一号を食すべく、わざわざリンゴを購入し、仲良く四等分して食したのでした(笑

追熟完了までのワクワク感、初めて食べるときのドキドキ、食べた時の感動満足感幸福感。これ、家庭菜園の醍醐味だっぺよ!

後日、農園のフェイジョアは子供達と一緒にジャム、そしてシロップ漬けにしました。

我が家では、フェイジョアシロップが大ヒット!

お酒にもジュースにも、万能ドリンクに変身します^^

沢山実がなると、スプーンですくって食べるだけでなく、色々な楽しみ方が可能に。

ご興味のあるかたは、是非当園おすすめの品種(「【1位】楽・強健・おしゃれ・花も実も食せるフェイジョア(常緑樹)」をご参照ください)をチェックしてからご購入くださいね。

こちらは無花果(ビオレソリエス)

既に実付きの苗を農園から譲り受け2020年秋に花壇に植えたもの。初年度から実を楽しめました(涙)

う ま す ぎ だべーーー!!来年はもっとなってちょんまげかぼちゃ。

しかし次の年は、9号サイズの鉢に鉢上げ。

花壇が予想以上に密になってしまい、日光があまり当たらず、楽しめるはずの秋果が実らなかったためです。日光が重要な要素だということが良く分かりました。

ご自宅に植える際は、日当たりを考慮し、是非こだわりの美味しい品種を選んでくださいね!(「【3位】絶対食べられて、美味しい無花果(落葉樹)」でおススメの品種をご紹介しています)

オリーブも、ピクルスにするぞ!塩漬けにも色々試してみたいなぁと、今から色々妄想していたりします。

果樹は小さな幸せを沢山もたらしてくれます。

緑が鮮やかになる。

花が咲く。

可愛い、美しいと感じる。

良い香りが漂う。

実がなる。

収穫する。

味わう。

感謝する。

この全てが心の幸せと健康に繋がっているのです。

いいねぇ。でも、手入れが大変だったら幸せも感じないくらい「面倒くせっ」ってなんねーけ?

かなり忙しく多少の手入れにも不安がある方は、果樹に関わらずとも樹木選びを慎重に行うことをおススメします。

↓の記事には、樹木選びに失敗しない為の沢山のヒントが詰まっています。是非ご一読くださいね^^

シンボルツリーは常緑樹?or落葉樹?

お手入れが簡単なものをご希望であれば、絶対に常緑樹です!

狭い場所や、隣家の境界等に落葉樹を植えていたりすると、ご近所トラブル勃発の可能性は高くなります・・・。

葉っぱは想像以上に落下します。

毎日掃き掃除が出来ないお宅の落葉樹の落ち葉がご近所中に舞い、何故かご近所さんがそのお宅の葉っぱを掃除する羽目に…という話は珍しい話ではありません。

広~くて落葉が他のお宅に入ることがない!落葉なんて管理できる!って人は、落葉樹もアリってことだな。

落葉樹には落葉樹の楽しみ方もありますけどね^^

新緑、紅葉、落葉と季節の移り変わりによって姿を変えるシンボルツリーは、とても風情があり素敵です。

落葉してしまった冬の間は、イルミネーションやオーナメントを利用しても楽しいですよね!

今回は、落葉樹も含め、「美味しい」「おしゃれ」「手入れが楽」という観点より、総合的に『シンボルツリーとしての果樹』ランキングしてみました。

【1位】楽・強健・おしゃれ・花も実も食べられるフェイジョア(常緑樹)

今や美容室などのおしゃれ空間を彩る樹木としてじわじわと人気が出てきているフェイジョア

果樹としての知名度はまだまだ低いですが、私自身6年間育ててきて、自信をもっておススメできる果樹です。

一口で言えば、手がかからなくて強健なだけでなく、おしゃれで花も実も食べて見て楽しめる種類豊富な万能選手!!

そんな果樹あんのけ!すっげーなぁ

シンボルツリーにお勧めな理由

なんといっても見た目がかわいい
かわいい丸葉。裏側はシルバーリーフのような輝きを放ち、木と葉の何とも言えないバランス。あるとおしゃれ空間に変身するような存在感も併せ持っています。樹形も選定で好きな形に調整できますよ!
常緑樹
紅葉&一気に落葉しないので、落ち葉管理が非常に楽です。また、一年を通して緑なので、花壇や庭が寂しくなりません!
花と実が食べられる
花はほんのり甘くサラダ等に散らしてそのまま食べられます。果実は、トロピカルなお味。ほんのち甘くて酸味もあり、のでさっぱりしています。さらに食物繊維やビタミン、ポリフェノールなどの栄養を多く含み、特にビタミンCが豊富!ニュージーランドでは低カロリー高栄養価の健康食品として人気のフルーツです。
自己結実性のある品種がある
実を楽しむためには、木が二本以上必要だったりしますが、自己結実性のある品種を選べば1本で事足りるので、狭いスペースでも大丈夫です。
病気や害虫に強い
我が家の花壇のフェイジョアは、6年間無農薬で病気や害虫の被害もなく元気です!

自己結実性のある品種でおススメのものは以下です★

フェイジョア:自己結実性のあるおススメ品種

  • アポロ: 甘く、抜群の風味
  • クーリッジ: 実付きが良い

掛け合わせの品種や環境によって誤差もありますが、比較的実の大きくてかつ美味しい上記品種をおススメしております。

【2位】現代のシンボルツリー鉄板・オリーブ(常緑樹)

オリーブの木、素敵ですよね!

戸建てのシンボルツリーとして不動の人気を誇っているオリーブ。

フェイジョアと同様、強いし常緑だし可愛いし、私自身を含め忙しいワーママにもピッタリなシンボルツリー♪

オリーブは、基本自己結実が不可能であると言われていますが、現在人気すぎてご近所に沢山植えてあったりします。

わたくしは…それをあてにしております( ̄▽ ̄)v

本格的な収穫を期待する場合は、相性の良い異なる品種をもう一本、できるだけ近くに植えた方が良いですが。

我が家にはスペースがないので、もう一本追加するとしたらベランダで鉢植え栽培ですかね…→却下

オリーブの品種は様々で、1000種以上あると言われています。

樹勢が強くて剪定しても思い通りにならない品種もあるので、導入する際には慎重に選んでくださいね。

ホームセンターによくある品種不明の「オリーブ」は買わねーでけろ~!大暴れ君だったら剪定大変だかんね。

比較的樹勢が弱く、樹形も優秀で日本の気候に合ったオリーブを以下にご紹介しますね。

オリーブのおススメ品種

チプレッシーノ(シプレッシーノ)
葉色も形も美しい上に丈夫で育て易い優れた品種。コンパクトに収まり樹形も優秀、実も美味しい!ピクルスやオイル向け。狭いスペースに植えられる方にはまずこの品種をおススメしております。ミッション、エルグレコと相性◎
ミッション
多少自家結実性あり。縦にまっすぐ伸びるスラッとした樹形になることが多く、横枝があまり広がらないので狭いスペースに向いていると言えます。塩漬けなどにしても美味しい品種です♪炭疽病だけ注意!ルッカ、ネバディロ・ブランコと相性◎

オリーブの購入先はこちら。信頼できる農園からご購入されることをおススメします。

【3位】絶対食べられて、美味しい無花果

いちじくは、日光さえ当たれば一本でも必ず美味しい実がなるというありがたい果樹です。

葉も特徴があって素敵ですし、剪定さえ上手く行えば、お望みの樹形に仕立てることもできます。

しかも、強剪定したって元気!強健な果樹として根強い人気があります。

落葉樹ではありますが、葉が大きいので手でも拾いやすく、手入れは楽な方ですよ。

いちじくは、世界各国で品種改良されており、様々な個性をもったいちじくが数多く存在します。

いちじくを植える際にも、やはり品種にはこだわりをもって選び、お気に入りの品種を大切に育て上げましょう!

いちじくのおススメ品種

マドレーヌ
熟すと果皮は綺麗に赤くなります。中身は淡いピンク。そしてとにかく安定の大きさ!糖度も高く、食べ応え抜群です。ほかの品種ほど樹勢が強くないので、コンパクトなスペースでも育てやすい品種です^^
ホワイトイスキア
実は、1果20~30gですがとても甘く柔らかく、皮ごと生食に最適です。家庭菜園だからこその完熟果は格別のおいしさです。果皮は熟しても黄緑色。豊産性もあり強健品種。いちじくの中でも比較的コンパクトに収まりやすい品種で、鉢植えでのベランダ栽培等にも適しています。
ダルマティ
熟しても赤くならないけど、中身は綺麗なワインレッド。夏果と秋果の両方が楽しめる人気かつ希少品種!糖度が高くて美味しいだけじゃなく、見た目もおしゃれで迫力のあるフランス産イチジクです。我が家ではこちらが人気ナンバーワンの座に。ただ、樹勢が強いので、スペースを気にされる場合は工夫が必要かもしれません。

苗木を購入される際は、なるべく大苗を選んでいただくと失敗が少ないです。

三常農園では、無花果は2年生以上の大苗のみ販売しております。もちろん親木は、私たちが無農薬有機栽培したものだから安心・安全。現在、ヤフオクか直接のご連絡でご注文をお受けしております。価格はヤフオク(佐川配送)をご参照ください!

オーガニックファーム三常のマイ・オークションをごらんください

【シンボルツリーランク外】惜しい!果樹たち

シンボルツリーとしては惜しいブルーベリー

ブルーベリーも最高の果樹です。美味しいし、すぐに食べられる。実の調理法も豊富。ミスティ(サザンハイブッシュ系)やシャープブルー(サザンハイブッシュ系)、ブルーマル(ラビットアイ系)など、紅葉も楽しめて常緑(落葉が集中しない)の品種もあります。大木にもならないから手入れも楽です。

何が惜しいのか!?

鳥が食っちまうだー( ゚Д゚)

美味しくなった瞬間に、本当に”即”食べられます。

人間が「そろそろ食べようかなぁ」と思ったころにはもう遅いのです・・・。

ですから、確実に収穫をするためにはネットが必要です。

シンボルツリーにネットです・・・。

少しテンションが下がりますよね・・・。

ブルーベリーは、シンボルツリーのようなメインの個所ではなく、家族で楽しむサブの庭木としてでしたら、最高の果樹と言えるでしょう♪

以下にブルーベリーおすすめ品種の購入先をご紹介しますね。

ブルーベリー苗木をまるっと囲む防鳥ネットはこちら↓↓

もしくは、案山子を設置するのもアリかもしれませんね♪

案山子もおしゃれに仕上げられれば、ブルーベリーとコラボして素敵シンボルツリー化もアリかもしれません(笑)

案山子の作り方の基本をご紹介している記事もございますので、よろしければご一読くださいね^^

おすすめの記事

コメントを残す